FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 鮎滝カントリークラブ
 
[スポンサー広告
4番ホール攻略
鮎滝CC 4番ショートホールにやってきました。

フルバックから191ヤード、レギュラーから140ヤードとなっていますが、打ち下ろしの分、フルバックから15ヤードマイナス、レギュラーから10ヤードマイナスと考えてください。

4番ホールティーグラウンドより
4番ホールティーグラウンドより
グリーンは手前から奥まで約40ヤードもあり、なおかつ傾斜もキツいので、ピンがどこに切ってあるかによって狙い所が変わってきます。
大まかに言えば左手前から中央付近にかけて下り傾斜、中央付近から奥にかけて上り傾斜となります。ピンに対して上りのラインが残るサイドを狙って打つようにしましょう(【写真?】参照)
【写真?】
20070321141545.jpg
左手前のバンカーに入れると寄せが難しいので、ピンが手前の時は少し大きめでもいいので必ずバンカーを越える距離を打つようにしましょう


・・・さて、ここで少し話題を変えてパッティングのセンスについての話です。

《センスの話》
パターのラインを『キャディさん、フック?スライス?』って聞く人いますよね。たまに僕も言うけど(笑)
同じようにラインを聞くにしても『右カップいっぱいかな?』とか『カップ2コくらい右に切れるかな?』って聞くのなら、この人センスあるな、と思いますよ。
皆さんが練習場で繰り返し球を打ってスイングを身に付けるのと同じように、パターのラインも自分の目で繰り返し読んで経験を積むことが重要だと思います。
ホームコースをお持ちの方なら、そのコースのグリーンをしっかり把握して同伴者にアドバイスできるくらいになれば、かなりかっこいいですよ。カップインならもう最高

《グリーン上でのマナー》
最後にグリーン上での基本的なマナーについて1つ。【写真?】のようにパターをする人とカップを結んだラインの後方線上(またはカップの延長線上)に立っている人が時々いますが、これはマナー的によくありません
パターをする人の正面、若しくは後方(背中側)に立つように心がけてください。あと、自分の影がパターをする人の視界に入らないように注意して下さいね

基本的なマナーですので必ず覚えるようにしましょう

【写真?】×
20070321151801.jpg

次回は5番ホールです。お楽しみに!
Posted by 鮎滝カントリークラブ
comment:0   trackback:0
[鮎滝のコース戦略
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ayutakilesson.blog66.fc2.com/tb.php/9-08ffce59
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。