FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 鮎滝カントリークラブ
 
[スポンサー広告
2番ホール攻略
鮎滝CC 2番ホールです。
フルバックから422ヤード、レギュラーから384ヤードで、ティーショットはかなりの打ち下ろしとなります。
20070304145216.jpg

《打ち下ろしのホールでの注意》
下の【写真?】と【写真?】を見比べてください。どちらが正しいアドレスか違いがわかるでしょうか?

【写真?】
20070303145603.jpg

【写真?】
20070303145812.jpg

正解は【写真?】です。打ち下ろしのホールでは、【写真?】のようにアドレスで肩のラインが左を向きやすいので注意して下さい。引っ掛けやスライスの原因となります。

ティーショットの狙いどころは、フェアウェー右サイドにあるバンカーの手前がベストポジションです(一番上の写真の黄色い所)。ライも平でセカンドが狙いやすいですよ 距離的には120Y?140Yのショットが残るようになります。

ただ、左サイドにOBがあるため、必要以上に右に逃げすぎて【写真?】のようにカート道より右に球が行くと、セカンドショットで手前の林がスタイミーになってしまいます。この場合は無理せず、狙える所まで1回出すか、木越えを狙うのであれば、グリーンに届かなくても必ず林の上をクリアー出来るクラブを選択しましょう。ちなみに【写真?】は林越えが無理なのにユーティリティを持っている悪い例です(笑)

【写真?】×
20070304135937.jpg

《20?30ヤードのバンカー》
2番ホールでもう1つやっかいなのが、グリーン左手前に大きく口を開けたガードバンカーです。土手が背丈よりも高く、距離もあるので寄せるのはヒジョーに難しいです
ここに入れてしまった時のポイントは
?まず、あわてない(打ち急がない)
?【写真?】のようにどっしり構える(【写真?】はアドレスで棒立ちになりすぎていて×です)
?【写真?】のように傾斜通りにしっかり振り切る(砂を飛ばすイメージで打って下さい)
(【写真?】はフィニッシュであおりすぎでダフリやトップの原因となりよくありません)

【写真?】○
20070304142209.jpg

【写真?】×
20070304142509.jpg

【写真?】○
20070304142402.jpg

【写真?】×
20070304142617.jpg

最後にグリーンですが、センターから左右に下っており、特に手前側の傾斜は見た目よりキツイですよ

さあ、これで2番ホールもバッチリですね
次回は3番ホールの攻略です。お楽しみに
Posted by 鮎滝カントリークラブ
comment:0   trackback:0
[鮎滝のコース戦略
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ayutakilesson.blog66.fc2.com/tb.php/7-2e5537be
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。