FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 鮎滝カントリークラブ
 
[スポンサー広告
17番ホール攻略
鮎滝CC 17番ホールは、レギュラーティから335ヤード、フルバックから379ヤードの打上げミドルホールです。

【写真?】バックティより
17 tee 改
まずティーショットですが、セカンドを残り130?150ヤードの地点に刻む攻め方(【写真?】のA地点)と、ドライバーでフェアウエー左サイドのバンカー越えを狙っていく攻め方(B地点)の2通りがあります。バンカーを越えるには、レギュラーティからキャリーで230ヤード、フルバックからだと265ヤードは必要です。飛距離に自信のある人はチャレンジしてみて下さいその時のアドバイスですが、アドレスでいつもより若干右足体重に構え、高い弾道の球をイメージして打つようにして下さい。
刻む場合は、レギュラーティから180?190ヤード、フルバックからだと210?220ヤードくらい打つ感じで、A地点にピンがあるようなイメージで打って下さい。
左のバンカーを気にしすぎて右にミスする人がいますが、右サイドはOBで、残ったとしても次が狙いづらいので右に逃げすぎないように注意しましょう

【写真?】
17 2nd
【写真?】はティーショットを刻んだ場合で、エッジまで残り140ヤードの地点です。
まだかなり打上げになるので、プラス10ヤードと考えて下さい。また、左足上がりのライになるので、グリップを少し短く持ち、8割くらいの力で打った方がいいでしょう

次に、グリーン手前からのランニングアプローチについて説明しましょう
ランニングアプローチの際、【写真?】のようにハンドファーストになりすぎる人がいますが、距離感が合いづらく、シャンクなどのミスも出やすいのでよくありません。
【写真?】のように、グリップエンドが体からはみださない程度のハンドファーストで構え、あくまで体の回転で打つような感じで、距離感は振り幅とクラブの番手で調整するようにして下さい。

【写真?】悪い例×
17 アプローチ×改

【写真?】良い例○
17アプローチ○ 改

【写真?】グリーン
17green 改
【写真?】はグリーンを奥から写したものです。
真ん中と奥にコブがあり、左右にどちらも下っているという、いわゆるお椀型のグリーンです。
奥行約40ヤードとかなり縦長のグリーンなので、ピンが奥の時は少しオーバーするくらいの気持ちで思い切って突っ込んでいった方がいいでしょう

次回はついにラストホール!お楽しみに!
Posted by 鮎滝カントリークラブ
comment:0   trackback:0
[鮎滝のコース戦略
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ayutakilesson.blog66.fc2.com/tb.php/23-a045cf28
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。