FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 鮎滝カントリークラブ
 
[スポンサー広告
12番ホール攻略
お待たせしました!(更新が遅くなってゴメンナサイ

12番ホールはフルバックから421ヤード、レギュラーから386ヤードの打ち下ろしミドルホールです。
途中でフェアウエーが途切れているのが特徴です。

ティーショットの狙い目としては、(【写真?】)のようにやや右目狙いがいいでしょう。右サイドは斜面で受けているので右に押し出しても落ちてくる場合が多いからです運がよければフェアウエーまで転がり落ちてきますよ
左サイドはOBラインが近く、またちょうど入りそ?な所にアゴの高いフェアウエーバンカーがあって、ここに入れてしまうとグリーンが狙えなくなります
とにかく右サイド狙いが安全と覚えておきましょう

【写真?】
20071004145625.jpg

それと最初にも言いましたが、フェアウエーが途切れているので、フルバックから250ヤード、レギュラーから220ヤード以上打つとラフまで行ってしまいます。ラフまで届かないクラブで刻んでもいいでしょう。

《左足下がりのショット》
さて、このホールは全体的に打ち下ろしで、セカンドショットが左足下がりになることが多いので、その場合の打ち方について説明しましょう

まずスタンスですが、クラブフェースは飛球線方向に向けたままでスタンスを(【写真?】)のようにオープンに構えます。体重は傾斜なりに左足体重に構えます。
そして、スタンスの向き通りにスイングし、フォロースルーでは体が止まってしまわないよう、右肩を前に出してやる感じでフラットに振り抜いて下さい。(【写真?】参照)そうすると球はスタンス方向に飛び出し、スライスしながら飛球線方向に戻ってきます。
【写真?】
20071004182423.jpg

【写真?】
20071004182547.jpg

さて、(【写真?】)はフェアウエーを抜けてラフまで行ってしまったという状況です。残りは100ヤードちょっとでショートアイアンで打てる距離まで来ています。ここも当然左足下がりになりますが、ラフからのショートアイアンの場合はあまり左に向く必要はありません。逆にラフの抵抗で引っかかる場合があるので注意して下さい写真でも飛球線方向にまっすぐ構えているのがわかると思います。
あとはフェアウエーから打つ時と同様にフォロースルーで肩を平行に回すイメージでフラットに振りぬいて下さい(【写真?】)(【写真?】)のようにアップライトに振るとダフリや引っ掛けが出やすいので良くありません

【写真?】
IMG_5112.jpg

【写真?】○
IMG_5114.jpg

【写真?】×
IMG_5113.jpg

最後にグリーンですが、左右の2段グリーンで左側が高くなっています。(【写真?】参照)
【写真?】
20071004185259.jpg
グリーン右サイドには手前と横にアゴの高いバンカーが待っているので、バンカーが苦手な人はピンの位置に関係なく左の花道狙いで行きましょう。

次回の13番ホールをお楽しみに!!
スポンサーサイト
Posted by 鮎滝カントリークラブ
comment:0   trackback:0
[鮎滝のコース戦略
13番ホール攻略
鮎滝CC 13番ホールは、フルバックから162ヤード、レギュラーから116ヤードのショートホールです。
4つあるショートホールの中で一番短く、比較的ワンオンしやすいホールですが、左にOB、奥に池と油断は禁物です
ピンが奥と左サイドに切ってある時は、あまり突っ込み過ぎないように注意しましょう。

ティーショットの注意点ですが、打ち下ろしで風の影響を受けやすいホールなので、風向きを間違えないように注意しましょう。
また前にも言いましたが、打ち下ろしでは肩が左を向いて左に引っ掛ける事が多いので、肩のラインが飛球線方向と平行になるように意識しましょう。(【写真?】、【写真?】参照)

【写真?】×(肩が左に向きすぎ)
IMG_5145.jpg

【写真?】○
IMG_5144.jpg

それともう1つ、(ダフリを恐れて)ショートアイアンでもティーを高くする人がいますが、逆に芯をはずしたり引っ掛けたりしやすいので、あまり高くしすぎないようにしましょう(【写真?】参照)

【写真?】×(ティーアップが高すぎ)
20071020143601.jpg

最後にグリーンですが、手前の右サイドと奥の左サイドが高くなっています。(【写真?】参照)難しいラインが残らないように、ピンポジションを確認して、狙いどころを決めて攻めるようにしましょう。

【写真?】
20071020160628.jpg

13番ホールが終わるとインのコース売店です!
次をお楽しみに!
Posted by 鮎滝カントリークラブ
comment:0   trackback:0
[鮎滝のコース戦略
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。