FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 鮎滝カントリークラブ
 
[スポンサー広告
朝イチのティーショット
今回から鮎滝カントリークラブのコース戦略を1番ホールから順に追っていこうと思います。

・・・とその前に、よく『朝イチのティーショットを失敗しないようにするにはどうすればいいか』ということを聞かれますが、僕なりにアドバイスをすれば、まず第1に、
 『早めに余裕を持ってコースに来ること』だと思います。
理想としては1時間前にコースに来て、ストレッチを十分にして、レストランでコーヒーを飲んだ後ゆっくり練習場で球を打ちながら体をほぐす。これくらいの余裕を持てればいいと思いますよ。

どうしても時間が無いときのとっておきのストレッチ法を1つ紹介しておきましょう。
体の力を抜いて(20?30回程度)ジャンプをする。水泳の選手とかもスタート前にやっていますが、体がほぐれて本当にいいですよ体の重心が丹田に集まり、スイング軸も安定するそうです。僕もスタート前や、コースの途中でもやってますよ人に見られるとプチ恥ずかしいですけど(笑)

・・・ということで、1番ホールにやってきました。レギュラーティから382ヤード、フルバックからだと471ヤードもある、距離の長いミドルホールです。
20070304145700.jpg
第1打はセンター狙い。落ち着いてしっかりスイングしましょう
セカンドショットは5Y?10Yプラスしたクラブ選択を
グリーンは右奥が高く、ピンポジションによって難易度が変わります。

☆セカンドショットで距離が残った場合☆
無理せず、グリーンエッジまで60Y?80Y残すのも攻略の1つです。
なぜならフルショットの方が、ピンに寄る確率が高く、寄らなかったとしてもパターが入ればパーで上がれます。
それに何よりも大叩きの可能性が少ないからです。
朝1番から左ワンペナ、左クロスバンカー、これを嫌い右ラフ、右OBなどのミスは一日中ペースが乱れたままで、取り返しがつきません
急がば回れです。1度試してみて下さい
スポンサーサイト
Posted by 鮎滝カントリークラブ
comment:0   trackback:0
[鮎滝のコース戦略
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。